waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

龍笛のケースと高麗笛のケース (坂根龍我 作品 紹介№406 )

でもって、肝心の龍の髭を描いて金属粉を蒔く。

今日はこのまま乾かす。

f:id:wacag:20180311142524j:plain

これに使用した金属粉は「焼き錫粉」。

銀とは違い、もっと鉛色に近い金属的な重厚さが出るんだ。

f:id:wacag:20180311142549j:plain

f:id:wacag:20180311142645j:plain

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

f:id:wacag:20180311142908j:plain

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

龍笛ケース 続き 固め漆の乾いた蒔絵を研ぎ出す。

                

坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

 

龍笛のケースと高麗笛のケース (坂根龍我 作品 紹介№405 )

固め漆の乾いた蒔絵を研ぎ出す。

f:id:wacag:20180311140422j:plain

・・と、龍の絵が露わになってくる!

f:id:wacag:20180311140439j:plain

そして、磨きを入れる。

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

f:id:wacag:20180311140529j:plain

龍が光ってきた。

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

龍笛ケース 続き 固め漆の乾いた蒔絵を研ぎ出す。

                

坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

 

龍笛のケースと高麗笛のケース (坂根龍我 作品 紹介№404 )

この「固め」という工程、要になる作業でありながら蒔絵の姿が1番美しくなく目にうつる。

f:id:wacag:20180308181326j:plain

何がどうなってんのか、茶色や朱や黒で全く絵が分からんと思われるのである。(ーー;)シャァナイ・・・

と、ここまで来てなぁ〜んか忘れてネェか、物足りネェんじゃネェか、と龍からの訴え有り・・。

f:id:wacag:20180308181505j:plain

はい、雲ですよね。^^;

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

てな事で蓋の上部分に雲を描く!

f:id:wacag:20180308181526j:plain

龍さま納得・・らしい。笑

たぶん・・・

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

坂根 龍我 - 龍笛ケース 続き

                

坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

 

龍笛のケースと高麗笛のケース (坂根龍我 作品 紹介№403 )

ボカシが隣接しているためと、蒔かれた金属粉の絵の部分を触ってしまうため、今までの絵を透け漆で一旦固めてコーティングしてやる。

f:id:wacag:20180308181205j:plain

で、乾いた後腹や手足を描いて・・これまた透け漆で固める。

でもって、炎、牙などを描いていき透け漆、朱漆で固める。

f:id:wacag:20180308181224j:plain

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

この「固め」という工程、要になる作業でありながら蒔絵の姿が1番美しくなく目にうつる。

f:id:wacag:20180308181245j:plain

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

坂根 龍我 - 龍笛ケース 続き

                

坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

 

龍笛のケースと高麗笛のケース (坂根龍我 作品 紹介№402 )

さて、龍の鱗の輪郭を先に描いて金属粉を薄く蒔く。

f:id:wacag:20180304183949j:plain

それを漆で固めてから胴の背側を描いて蒔きボカす。

この段階でかなり印影がハッキリしていてもなかなか上手く出てはくれない。

f:id:wacag:20180304184011j:plain

どうなるか半分楽しみで半分はコワイ。笑

f:id:wacag:20180304184923j:plain

まだ道は遠い。

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

f:id:wacag:20180304184945j:plain

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

龍笛ケース 続き さて、龍の鱗の輪郭を先に描いて金属粉を薄く蒔く

                

坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

 

難病とは

娘が突然、難病宣告を受け、その闘病生活で感じたこと

「治してあげたい、しかしサポートをしてくれるところがない」

「何を信頼すればいいのか分からない」

「知識、経験がない」

そんな中で始めた食事療法や漢方薬鍼灸など

ありとあらゆる事を行い、娘は回復し健康体を取り戻しました。

”治らないと言われた難病が治った”

しかし、その道は言葉にできなほど、厳しいものでした。

そんな4年間の気持ちを残そうと始めたブログ

そこに集まってきた多くの難病相談

そんな流れで始まったアドバイス

多くの難病患者が健康体を取り戻していきました。

そこには、たくさんの喜びの言葉と元気な姿がありました。

f:id:wacag:20180605115000j:plain

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

 その言葉と姿が私の苦しかった闘病生活を浄化させてくれたのです。

そんなことがあり「難病克服支援センター」を立ち上げたい

そんな気持ちになっていきました。

いろんな苦しい出来事には意味があったんだ

そう思えるようになり、今ではその経験が宝物になっています。

娘に続き、多くの方が病気を克服し

本当の笑顔を取り戻すことが我々の喜びと願いです。

難病克服支援センター

「頑張るみなさんの嬉しいお知らせ(難病回復例)」

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog 

 

 

 

なぜ発病するのか

人は自律神経の働きによって体の機能をコントロールしています。

緊張して手が震えるのも、震えることで体を解し緊張を解いてるんです。

暑いと汗が出るのも体内の熱を逃がして冷やしているんですよね。

人が意識しなくても体が自然と行ってくれているんです。

その時、その時の状態に状況に自然と体が合わせてくれているんです。

普段は当たり前になっていることですが改めて考えると、体は凄いというか不思議な物体ですね。

この自律神経には2つのモードがあり

一つは「交感神経」もう一つは「副交感神経」です。

交感神経は活動モードを言われています。

副交感神経は休息モードですね。

活動モードというと体が活発に動いているイメージがありますよね。

休息モードといえば体が休んでいるイメージがあります。

しかしこれ、間違いです。

人間が活動している時のモード、休息している時のモードという意味で

病気を治す上での体内機能(修復機能)や内臓などの働きは、この逆なんです。

確かに、昼間に人が活動している時は、その活動に合わせて体は動いています。

汗をかいたり、心臓を強く動かしたりしています。

活動モードに体が合わせてくれてるんですよね。

しかし、この時は呼吸は浅く、内臓の働きを緩めているんです。

血管も収縮しているので血流も良くありません。

なぜかというと、人が活動できることを最優先し体の修復を後回しにしているんです。

そして夕方以降になると、副交感神経優位にモードが切り変わり体の修復機能が優先され始めます。

ですので、心も体もリラックスしている時に、体内での修復機能はフルに活動しているという訳です。

この時は呼吸も深く、 内臓の働きも非常に良いんです。

またそれと同時に、血管を拡張し血が酸素や栄養をたくさん運べるようになっています。

修復には酸素も栄養も必要だですからね。

ですので、活動モードと言われている交感神経優位の時に体内での修復機能は活動せず

休息モードと言われている副交感神経優位の時に体内は活発に動いているんです。

要は、人が意識を強く持って行動している時は、それに必要な機能が優先され、それ以外の機能を最小限にしているということです。

逆にリラックスし休息している時に、活動中に生まれた不具合や炎症を必死で修復しているのです。

f:id:wacag:20180605113111p:plain

何もしていないのに体が怠いという時は、この時なんですね。

なぜ、こんな説明をするかというと

難病になる人は継続的なストレスを抱えていたり

頑張りすぎてずっと動いていたり、交感神経優位な状態が継続的に続いた方が多いんです。

それが過去に何年も続いて、長年の体の歪や不具合が後回しにされ続け修復されずに溜まってるんです。

そして、もうこれ以上は溜められない。。。生きることが出来なくなる。。。ってなった時

体は最終手段として人の意識や活動を無視し、必死で修復することを選択するんです。

それが発病です。

このままだと、生きることが出来ないから発病という手を使って生きることを選択しているんですね。

高性能な体は、こういう判断をもするんです。

しかし、これをも薬で止めようとします。

薬を飲みいったんは症状が抑えられても、それでもまた体は必死で生きるために修復をしようとします。

その時にまた症状は現れます。

それを「再発だ!」と言っているのが現状です。

こういう事を理解した上で、薬を一時的にうまく使うのはいいのですが

治らないから「難病だ!」と思っている人も多いんです。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

ですので、過去に体に修復時間を与えず、発病せざるを得ないほど心や体に無理をし続けたこと

そもそもそれが原因で発病していること

そういう過去の自分を卒業することが治る近道だと思います。

そして食事を変えることでストレスに強い体に変えることも大切です。

元気な体に戻った人は、このことに気づき当たり前のように理解されてる人も多くいます。

そういう人が実体験をもとに、もっと多くの人に伝えて欲しいと思います。

難病克服支援センター

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog 

 

 

 

龍笛のケースと高麗笛のケース (坂根龍我 作品 紹介№401 )

シベも黒で描き、漆を擦り込み最後の磨き。

施主様からは塗りでとのご依頼だったので、極端な絵の主張は避けた。

ただし!

f:id:wacag:20180301155540j:plain

これだけは主張させていただきました!

蓋の天に螺鈿の桜を施したのだ!( ̄^ ̄)ゞスンマセン

f:id:wacag:20180301155602j:plain

さて、お送りいただいた白木の高麗笛ケース。黒塗りに姿を変え終了です。^_^

後は銘を入れるだけ。

f:id:wacag:20180301155627j:plain

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

楽しかった!

f:id:wacag:20180301155649j:plain

おおぉーっと!まだ龍笛が控えております。

楽しいのはまだ続きます!

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

え〜、蒔絵師の僕チンが塗り磨きだけで済ませる筈はなく・・。

                

坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

 

龍笛のケースと高麗笛のケース (坂根龍我 作品 紹介№400 )

え〜、蒔絵師の僕チンが塗り磨きだけで済ませる筈はなく・・。

黒塗りに黒で桜を少しだけ散らした。これを『夜桜』と呼ぶ。

元々は漆塗りがまだ若いうちに漆で絵を描き、しばらく置いてから拭き取ると、まだ若い塗りが絵の形に膨れたように浮き上がる。

f:id:wacag:20180301155339j:plain

これをそのまま艶を上げると、とても薄ぼんやりと黒塗りに黒絵が浮き上がり、控えめで上品な仕上がりになる。

この技法を夜桜と呼ぶんだ。

f:id:wacag:20180301155405j:plain

これもなかなか塗りの技術とタイミングのいる仕事である。

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

なので、今回は黒で少しだけ盛るように描いた絵をそのまま乾かし磨きをかける事で薄ぼんやり感を出す事にした。

f:id:wacag:20180301155437j:plain

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

高麗笛ケース 最終 え〜、蒔絵師の僕チンが・・。... | Facebook

                

坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

 

龍笛のケースと高麗笛のケース (坂根龍我 作品 紹介№399 )

同じ漆を扱う職種でも根本から違うのだ。

とは言え、自分の失敗しない厚さでの塗りに研ぎ上げて艶を上げる事は出来る。

さて、上塗りを丁寧に研ぎ上げて磨いた。

ここから艶上げの作業なのだが・・蒔絵師の僕チンがこれだけで終わらすはずはないのである。

どーなるかは次の投稿にて!イシシシ。

f:id:wacag:20180228172855j:plain

でもって、龍笛ケースの龍。

蒔きぼかして印影をつけていく。

ボカシの技法を使うにはパーツが隣接しているため、1日に進められる作業は僅かだが・・面白い!

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

明日はここを!の期待感がたまらない!

f:id:wacag:20180228173133j:plain

最終的に銀龍になる。

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

坂根 龍我 - 龍笛、高麗笛ケース 続き

                

坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog