waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

医学の常識を超えて

昨年12月に相談があった顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの女性から本当に嬉しい報告がありました。
3年前に車椅子だった彼女の回復ぶりに主治医が驚いて電話をしてきたとのことです。
診断書作成のために、受けた身体能力チェック
その結果が主治医に渡り「補助具付けてます?」って言われたそうです。
わざわざ主治医が電話してくるんですから、かなり驚いたんでしょう。
「補助具は付けてませんし、食事と筋トレしかしてないです」
医学の常識では、悪化しても回復することのない病気にも関わらず
主治医が回復を認めざるを得ない回復ぶりでした。

f:id:wacag:20170816231340j:plain
・CTでの結果で筋肉量が増えています
・階段が上がれるようになっている(手すりを使わずに)
・スクワットの体制がとれる
・座った状態から立ち上がることが出来る
・右手握力が0から14㎏に回復 左手握力26㎏
2月の受診の時に「治っていきます」と宣言すると、その主治医は軽く鼻で笑ったそうです。
そんな主治医に回復を認めさせた訳ですから快感ですよね。
昨年12月に相談を受けて、ずっとやり取りしてきましたが
彼女の前向きな姿勢や行動、心の強さだけでなく人としての才能だと感じます。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

どんなことがあっても、生きる希望を捨てず前向きに日々を送ること
それが自然と出来ている彼女だからこそ、奇跡ではなく回復するんだと思います。
また、ブログを読むと分かるのですが
「まだCK値が正常値になっていないので、克服ではありません。
出来ないこともあるし、課題はたくさんあります。
でも、ここまで治ってきた自分を褒めておこうと思います!笑」
これだけの結果を出しながらも、この冷静さと、自分への思い
この3行に彼女が回復した理由が詰まってる気がします。
難病克服支援センター

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog 

 

 

 

仏像 (坂根龍我 作品 紹介№13)

【彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう】
この作品は2013-11-17に投稿したものです。
 
仏像
 
 
f:id:wacag:20131117190320j:plain
                             

 坂根さんの作品は目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。
 

                             

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

 waca-jhiのblogの一望は wab's blog 

 
 

色漆固め額蒔絵 遠い日 (坂根龍我 作品 紹介№ 11)

 彦根市の漆工芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう】
この作品は2013-11-17に投稿したものです

 

 遠い日
 
 
f:id:wacag:20131117072705j:plain
 
                             

 坂根さんの作品は目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。
 

                             

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

 waca-jhiのblogの一望は wab's blog 

 
 

感情を表に出せる人出せない人

病気や不調の原因は、薬や添加物、農薬などの物理的なものだけではありません。

心の状態が身体に大きな影響を与えているからです。

人によりますが、この心の状態(心の毒)こそが病気の原因になっている人も多いです。

f:id:wacag:20160801191742j:plain

不安、不満、悲しみ、怒り、憎しみなどの感情をうまく表に出せない人

出せないだけでなく、そんな感情を持ってしまう自分を責めてしまう人

赤ちゃんや3歳くらいまでの子どもを見ていると分かると思うのですが

人間は心で感じたことを言葉や身体で表現しています。

それが自然体なんです。

感情を出さずに我慢し続けると、自然体でなくなっていきます。

自然体に近づくように身体が表現しようとします。

その表現方法が病気なのかなと感じます。

というのも、相談者でその事に気づき、今までの感情をうまく出せた人は

思わぬスピードで身体が回復しているからです。

病気の原因は人によって様々ですが

心の影響が大きいだろうなぁ~と思われる人は

うまくその感情を出すことが大切だと思います。

それは、言葉でも文字でもいいので出すことです。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

「私は思ったことを出すのが苦手な性格なんです」と言う人がいます。

みんな赤ちゃんや子どもの時は出来てましたよね。

そんな性格はないですよね?って思います。

そして、負の感情を持つ自分を否定せず、それも含めて受け入れることが大切だと思います。

誰でも多面性を持っています。

いろんな自分がいて、バランスをとっているのです。

ですから、自分の好きな部分は嫌いな部分があってこそ成立しているのですからね。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog 

 

 

 

扇面散らし蒔絵 (坂根龍我作品 紹介№21)

2013-11-30に投稿したものです。

 

扇面散らし蒔絵

 
      f:id:wacag:20131123195840j:plain
                             

 坂根さんの作品は目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。
 

                             

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

 waca-jhiのblogの一望は wab's blog 

 
 

嬉しいお知らせ

筋強直性ジストロフィー25歳女性

22歳

・指先に力が入らない
・両手、肩、首が細くなる
・睡眠時無呼吸症

23歳

★CK:236

・食事改善

△睡眠時無呼吸症が治る

★CK:376

24歳

~ 難病克服支援センターにて面談 ~

f:id:wacag:20170805172611p:plain

◎食事療法、七葉純茶、メンタルケア

△尿の回数が増えた

△体の冷えがなくなった

△1週間、大量便が続く

△疲れがマシになる

△顔に吹き出物が出始める

△転ぶことがなくなった

★CK:231

△医師から以前より、腕の力が強くなっていると言われる

★CK:149

25歳

△足ツッパリがなくなる

△小走りが出来るようになる

△階段の昇り降りが楽になる

△友達とのお買い物で何キロでも歩ける

△立ったり座ったりがスムーズになる

★CK:166

△走れる距離が伸びた

★CK:86(2017年8月1日)

△医師から以前より、また腕の力が強くなっていると言われる

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

大阪での面談から1年半、ようやくCK値が基準値の真ん中に入りました。

この1年半のやり取りで感じたのは、真っ直ぐな気持ちで日々を積み重ねたことです。

これは、出きるようでなかなか出来ないこと。

それが出来た彼女に心から拍手を贈りたいと思います。

今回の結果を一つの節目として、もっともっと医師が驚く体へと進化して欲しいです。

難病克服支援センター

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog 

 

 

 

雅楽器 龍笛のケースに龍の蒔絵 (坂根龍我 作品 紹介No.29)

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう】
2013-12-16に投稿したものです。

 

雅楽器、龍笛のケースに龍の蒔絵

完了


注文予算の都合で磨き蒔絵が出来なかった事が心残りだ。
後は、周りについた金や、擦れてしまった部分をキレイにして納品する。

f:id:wacag:20151028144534j:plain

通常、この細かさの金銀粉を蒔く時は描いた漆がやや乾き気味の頃合いを見て蒔くのだが、それをすると後に剥げやすくなる。

それを防ぐため、希釈した漆でコーティングする事もあるのだが、この細かさの金銀粉では風情が損なわれる可能性が高い。

f:id:wacag:20151028144604j:plain

そこで、描いてすぐに蒔く方法を取った。

やりにくいなぁー(笑)

                             

 坂根さんの作品は目次にも使えるピンタレストに入れてあります。いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

雅楽器 龍笛のケースに龍の蒔絵 (坂根龍我 作品 紹介No.28)

 彦根市の漆芸家、坂根さんの作品を楽しみましょう】
2014-12-14に投稿したものです。

 

 

雅楽器、龍笛のケースに龍の蒔絵


大きな龍を描く前に小さな龍の仕事が来た。

f:id:wacag:20151028143102j:plain

小さいので、比較的軽く考えていたのが間違いだった。

f:id:wacag:20151028143317j:plain 結構気を吸い取られたような気がする。

f:id:wacag:20151028143514j:plain                              

 坂根さんの作品は目次にも使えるピンタレストに入れてあります。いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

----------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog

 

 

 

蝶のブローチ (坂根龍我 作品 紹介No.32 )

彦根市の漆工芸家、坂根さんの作品を楽しみましょう】
この作品は2013-12/21にUPしたものです。
 

蝶のブローチ

明日か明後日にカフェ、イエティさんに持って行きます。
クリスマスプレゼント展。

 
f:id:wacag:20131221205329j:plain
                             

 坂根さんの作品は目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。
 

「ur 漆の工芸」の厳選画像 151 件 | Pinterest

                             

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

 waca-jhiのblogの一望は wab's blog 

 
 
 

ストレスから身を守る10

ストレスで血はドロドロになります。

本来はストレスを避ける、または溜めないように発散することが重要です

すぐには難しいという方も多いと思います。

しかし、ストレスに強い身体作りは、行動を変えればすぐにできます。

f:id:wacag:20170715163040p:plain

1.食べ過ぎない
 特に夜は、少し物足りないくらいにすると、次の日の体調が良くなります。

2.動物性脂肪を少なくする
 お肉を選ぶ時に、脂肪分の少ないヒレ肉やささ身を選ぶのが良いです。

3.糖分は控えめにする
 糖分は脳にとって癖になります。血を汚し血液中の中性脂肪を増やします。

4.深酒は控えるめにする
 適量ならストレス発散、適量に個人差はありますが、飲みすぎると血液中の中性脂肪を増やします。

5.食物繊維をたくさん食べる
 体内の毒素を出してくれます。野菜、海草類、キノコ類、いも、こんにゃく、豆類を意識しましょう。

6.生玉ねぎを食べる
 血液中のブドウ糖代謝を促してくれます。

7.納豆を食べる
 血栓溶解作用が確認されています。

8.黒酢をとる
 血清コレステロール低下作用、中性脂肪の改善、血糖値降下作用、血行をよくする効果が確認されています。

9.魚介類を食べる
 血小板を凝集させ過ぎないようにする働きや、血圧を下げる効果があります。

10.野菜を食べる
 抗酸化作用でストレスから身を守ります。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

 ストレスを溜めたくて溜めている人は誰もいないと思います。

どうしようもなく溜まっている人がほとんどだと思います。

 では、何から始めるかですが、まず行動を変えることで、ストレスに強い身体作りはすぐに出来ます。

血が汚れると、血行が悪くなります。

血行が悪くなると、身体が冷え、そして大切な栄養も細胞に行き届きません。

すると、気の流れ、水の流れが悪くなり悪循環となります。

この様な状態でストレスを感じ続けるのは、身体にも心にも負担となります。

出来ることから変えていくことで、ストレスに負けない力が湧いてくると思います。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog