読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

"なお"フランスへ旅立つ

 はい。今ごろフランスに着いていると思います。

とは言っても1週間後には帰ってくるんですけどね。

一か月くらい前に何の前触れもなく

突然

「私!フランスに行ってもいいですか!?」

「・・・うん、行って来たら・・・」

とりあえず、なんでも容認するのが私の癖ですが

頭の中では。。。

香川の田舎から大阪に出てきて、まだ一年やのに!?

え!? いきなり次はフランスなん???

どういうこと?? 無理してないか?

って思いましたが。。。旅行でした。

伝いたい気持ちは分かりますが、話す順序が間違ってますね。

この子が初めて電話をしてきたのがちょうど3年前

入院中でステロイドパルスをしていた後ということもあり

ろれつが回らない話し方で、会話もままならない状態でした。

そこから、一緒に取り組んだ闘病生活

多発性硬化症の症状が治まり、その後に訪れた顔からの排毒症状

顔の三分の二が赤くただれて、目の下から顎までの広範囲がかさぶたになりました。

出せなかったから病気になったんですね。

出せるように体が変わって、一気に顔から噴き出たようです。

4ヶ月ほど外には出れない、誰にも顔を見せられない状態でした。

f:id:wacag:20170222110532j:plain

その後、かさぶたは綺麗に剥がれ落ち、病気の心配もなくなりました。

しかし病気が治ったとはいえ、メンタル的に気になることがあり

車で香川まで会いにいきました。

もう二度と病気にならない為に、気を付けるべきことを伝えたかったんです。

その時に感じたのは

「ほんまに元気のない奴やなぁ・・・」

20歳って元気があり余ってる年齢なのに

なんの覇気も感じなかったのを覚えています。

あれから2年、大阪に出てきて1年

「フランスに行きたい!いろんな経験をしたい!」って思ってるんですから

ずいぶんと元気になったなぁ~と、しみじみ思います。

まだまだ本当の自分を出し切れてないところがありますが

これも年々変わっていくんでしょうね。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

 一年前に大阪に来ると決まった時は事後報告でした。

意外と強引な奴です。

「なんで、俺にまとわりつくんだ」と思ってました。

「おいおい、なんで大阪やねん・・・」と思ってました。

しかし、今はセンターで面談に来られた方の希望の存在になっていることに気づき

もちつもたれつの存在であることを強く感じます。

フランスでの土産話は楽しみですが

たぶん、全ての話にオチはないと思います。

大阪で暮らすなら、それも勉強してもらわないといけませんね。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog