読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

〜口の悪いサンタ 最終話 〜 RyuGaの絵の無い絵本 (坂根龍我 作品 紹介№316 )

クリスマスキャロル
〜口の悪いサンタ〜

RyuGaの絵の無い絵本 最終回

 

地上の国に暖かい春が訪れています。

草木は芽吹き、花は季節の祝福に優しく揺れています。

空は抜けるように青く、小川のせせらぎが陽の光に眩しく揺れて、小さな虫達も命を喜んでいます。

大きな木の下、太い幹に背をもたせかけて座り、1人の年かさの少年が木陰で本を読んでいます。

栗色の髪を暖かな春のそよ風に遊ばせ、本の上には木漏れ日が揺れています。

さて少年が座っている木から、さほど遠くないもう1本の木の下に、1人の美しい少女が隠れるようにして少年を見つめています。

その頬は恥じらいに薄っすらと赤くなり、時折さやぐ春風が、長く伸ばしたブロンドの巻き毛をくすぐっていました。

そして、その少女の周りを小さな何かが飛び回っています。

少女にはその姿が見えないようでしたが、それは盛大に小さな光の粒を撒き散らしながら飛び回っています。

小さな子供のような姿、短いクルクルの巻き毛。

背中にはかわいくて白い翼があります。

そして、手には金色に輝く弓と矢を携えていました。

キューピッドです。

春の麗らかな恋の季節

どうやら少女の想いを察して飛び回っているようです。

「なんだい、嬢ちゃん!

あんなガキに惚れちまったのかい!

やれやれ、まだ年端もいかないガキだぜ。

あ〜ぁ、こんなに頬っぺた赤くしちまってよぉ。

最近のガキぁマセてやがる。

ま、いいか。

俺様がちょちょいと何とかしてやらぁ!」

あれあれ、なんと口の悪いキューピッドでしょう。

「さてと、金の矢をつがえて・・と。

目的はあのガキの心臓を・・狙って・・

見事刺されば、あのガキも嬢ちゃんに恋するはずだぜ!

お!あのボウズ、丁度心臓のところにハートのアザがあるじゃねぇか!

おあつらえ向きの的だぜ!

しっかりと狙って・・・・・・・ホラよっと‼︎」

口の悪いキューピッドが放った金の矢は、見事に少年のハートを射抜き、心臓に突き刺ささったのです。

その時春の少し強い風が吹き、少年の本からしおりを飛ばしてしまいました。

風に舞ったしおりは、隠れていた美しい少女の足下にヒラリと落ちました。

少女はしおりをそっと拾い上げると、まるで導かれるように少年の元へと近づいて行きます。

そして、物言わずに優しく少年に差し出しました。

少年の瞳は奥深いところに憧れを潜めて少女を見つめました。

「ありがとう。」

少女からしおりを受け取ると、少し頬を赤らめて少年は言いました。

「・・あの・・君、本は好き?」

少女は頬を染めて、小首をかしげるように小さくうなづきました。

「良かった!

できれば君と一緒に本のお話しをしたいんだ。

君さえ良ければ僕の隣に座ってくれないかい?」

瞳を輝かせて少女は

「ええ、よろこんで。」と応え、少年の傍に寄り添うように座りました。

春の陽射しはまろやかに2人を包んでいます。

「へっ!

一丁あがり!

ま、俺様の腕にかかりゃこんなもんよ!

なかなか粋な演出じゃねぇか。

・・・さぁて、次に俺様の世話になりてぇヤツを探すとするか。

・・・・にしても・・あのボウズ、どっかで会ったような・・妙に懐かしい感じがするぜ・・。

ま、いいか。

次だ次だ!」

口の悪いキューピッドは光を撒き散らしながら何処かへ飛んで行ってしまいました。

みなさん、サンタクロースは何人いるか知ってますか?

実はサンタは1人じゃ無いんです。

そして、サンタの寿命が尽きたら・・・

もう、お解りですよね。

キューピッドに生まれ変わるんです。

そして、キューピッドの矢に撃たれ恋におちた2人が、いつかお父さんとお母さんになって、サンタさんにお願いをする良い子達を育てるのです。

 この記事は彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

 

あれあれ、天の国から神様のため息が聞こえてきました。

「・・・やれやれ、あの精霊の魂だけ、どうしてあのように口が悪くなるものなのか・・頭が痛い。」

どうやら神様にもわからない事はあるみたいですね。

春は盛り。

次のクリスマスの物語まではまだまだ先です。

え?

キューピッドの寿命が尽きたらどうなるかですって?

それはね・・・・それはまたいつか、遠いいつかお話ししましょうかね。

END

キャスト

口の悪いサンタ

可愛い男の子

神様(神公)

男の子の父親

男の子の母親

成長した男の子

男の子に恋をする美しい少女

口の悪いキューピッド

サンタのソリを引くトナカイ A・B・C・D・E ホォホォー!と声をあげ地上へ向かうサンタ達

A・B・C・D・E・F・G

協力(勝手に)

インド タージ・マハール寺院

日本 姫路城

フランス エトワール凱旋門

オランダ キンデルダイク風車群

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これでこのお話しは終わりです。

最後までお付き合いいただけました事、大変光栄に思います。m(_ _)m

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。

〜口の悪いサンタ 最終話 〜... | Facebook

                

 坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

---------------------------------------

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog