読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

病気になりやすい人、治りにくい人

脳には知性を司る「大脳新皮質」と

感情を司る「大脳旧脂質」があります。

これらの指令を受けるのが「間脳」いわゆる自律神経です。

心(旧脂質)が「休みたいなぁ」と思います。

しかし、頭(新脂質)がもっと「いや、もっと頑張らなければ」と思います。

こうなると、間脳(自律神経)は全く反対の指示を同時に受けるのです。

すると同然、間脳は混乱し、血流を上げればいいの?いや鎮めればいいのか?

体温を上げればいいのか、下げればいいのか・・・

交感神経優位にすればいいの?いや逆なの?ってなります。

病気になりやすい人は、知性の新皮質が勝ってしまいます。

「頑張っている人が偉い」みたいな教育を受けて競争ばかりさせられてきたからですね。

すると、感情の旧脂質を無視し、頑張り続けようとします。

このような状態が継続的に続くと

抑えられていた心と頑張り続けてきた体が狂い始めます。

それが病気に繋がるのです。

f:id:wacag:20161214110043p:plain

病気になって治す上でも同じことが言えます。

食生活や生活習慣を見直して、病気を治そうとします。

しかし、これも心が食べたいと思うものを我慢し

やりたいと思っていることも我慢し

苦しいと思う治療を受けたり

それでは、病気になった原因と同じことをしているに過ぎないのです。

心を抑えて、体を無理やり動かしているのは発病の原因と同じことです。

ですから「治すことを目標にしないでください」と私は常に言います。

なぜなら、治すための事は辛いことが多いからです。

大好きなラーメンも食べられないし、毎日食べていたスナック菓子も食べられない

ケーキもダメ、暴飲暴食もダメ、ダメダメダメ・・・ってなると

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

 心(旧脂質)は我慢しっぱなし、自律神経(間脳)は混乱しっぱなしになります。

ですから、治った後に目標を置いて欲しいんです。

治ったら何をしたいか、どんな自分で再スタートするか

将来の目標のためなら、我慢や辛いことはプラスの感情に転じます。

辛い我慢も目標をクリアするための事に置き換わるので、気持ちが積極的になります。

同じ事をするにも、我慢というマイナス感情で行うか、目標に向かうプラス感情で行えるか

この違いが「治りやすい人」と「治りにくい人」の違いなんです。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog