読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

嬉しいお知らせ 筋強直性筋ジストロフィー

筋強直性筋ジストロフィー、24歳の女性です。

緩やかに進行する筋ジストロフィーなのですが

22歳の時点で指先に力が入りにくくなり

両手、肩、首の筋肉が落ちて細くなってきたそうです。

また、睡眠時無呼吸症の症状が出ていました。

昨年の12月から私のブログを見ながら食事改善をされていて

3ヵ月後の今年の2月に相談に来られました。

その3ヶ月間に睡眠時無呼吸症は治まり、筋肉の症状も少し緩和されたそうです。

相談に来られた今年の2月の時点でCK値は376

その後、食事改善を強化し、七葉純茶、仕事や生活面の見直しを行われました。

最初の頃はメンタル的な相談が多かったのですが、生活面を見直すことで

ストレスは大きく減っていきました。

f:id:wacag:20161211154810j:plain

面談の1週間後には便や尿の回数が増え、耳や肩に好転反応がみられました。

1ヶ月後、排毒による体重減少があり、体の冷えはなくなりました。

また、大量便が1週間ほど続き、体温は36.7℃と上がっていきました。

面談から2ヶ月、オデコににきびが出来はじめ、尿や便以外での排毒と思われる症状が出てきました。

6月の時点でCK値は239まで落ち

11月の時点では、149(正常値)まで下がりました。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

 医師からは「前より腕の力が強くなっているね」と言われたそうです。

散歩時の足のツッパリがなくなり、車のロックが開けれるようになっています。

素直な女性で、うまくストレスを回避し生活の見直しができたこと

また、食事面を工夫しながら努力されたこと

運動面でも無理ない程度に楽しみながら進めていること

これらがこの成果に繋がっていると思います。

進行は止まっている状態ですので、もっと動きが良くなるように見守って生きたいと思います。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog