読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

事実こそが真実、怪我すると痛みます

怪我すると痛みます。

痛まないと怪我したことに気づけないからです。

目にゴミが入ると涙が出ます。
ゴミを洗い流すためです。

煙たいと咳が出ます。
有害な空気を肺に入れないためです。

暑いと汗が出るのは熱を逃がし体を冷やすため

寒いと身が締まるのは熱を逃がさないためです。

食べるとき唾液が出るのは、消化や消毒のため

そして、飲み込みやすくするためです。

お腹に菌が入ると下痢をして出します。

物が飛んでくると、無意識によけています。

これらは全部、体が行ってくれています。

何の意識もなく、勝手に体がしてくれているのです。

生きる為に休まず正確に反応してくれてます。

怪我をすると、血を出し細菌の侵入を防ぎます。

そして、カサブタを作り蓋をします。

新しい皮が作り終えたら、カサブタは自然と剥がれます。

なんの努力をしなくても、自然と傷は治ってます。

f:id:wacag:20161202193203j:plain

だから、自己免疫疾患という病気はあり得ないと思うんです。

人間にとって、一番肝心な免疫が暴走するなんてありえないです。

意味あって抗体作り、意味あって戦ってるんだと思います。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

命をかけて戦っているから、その戦場は炎症になるんです。

生きる為に戦う必要があるから戦ってるとしか考えられません。

しかし、医師や薬はそれを抑えようとします。

生きるための戦いを止めさせようとするのです。

だから、治らないんだと思います。

だから、難病としているんです。

治らないどころか、薬の量や種類が増えていき

益々、不具合が拡大しているじゃないですか。

一時期、薬や治療で症状を抑えることは必要かもしれません。

しかし、高性能な体を信じて応援することが

唯一の治癒への近道ではないでしょうか。

その応援の仕方が、食事であったり、心の在り方ではないでしょうか。

現に相談者は次々と回復し、そしてこれからもそれは続くと思います。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog