読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

チャンスをつかむ人、つかまない人

チャンスをつかむ人は、一瞬で気がついたら掴んでます。

また、掴まない人は、手の平に置いてあげても、しっかりと掴もうとしません。

この違いですが、目の前に現れた情報や物事に対しての

見る方向の違いだと思います。

その違いが、一瞬の行動に表れます。

f:id:wacag:20161017102315j:plain

日々を過ごしていると情報や物事がどんどんやってきます。

その情報や物事をどの角度で見るかの癖が無意識に出ているんですよね。

情報や物事には、見る方向によってどうにでも見えます。

人は無意識に、一方向だけでなく一瞬で多方向から見ているんです。

その一瞬で、どの方向から見えた部分が頭を占有するかが心の癖なんです。

そして、その後の行動でチャンスを掴むか掴まないかに分かれるんです。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

 チャンスを掴む人は、その瞬間の心を優先します。

しかし、掴もうとしない人は、頭で判断し優先します。

どちらで生きるかはそれぞれ自由です。

チャンスを掴むには心の癖に気づき

それを修正すべく、新たな行動と経験で塗り替えていくしかないのです。

それは、誰かが手伝えることではなく、自分しだいです。

本当の自分の気持ちに素直に反応し前向きに生きる方が心も体も自然体でいられます。

頭で考えて自分の気持ちを抑えてしまう癖はいずれ自分を見失ってしまいます。

チャンスは心が体を使って瞬間的に掴んでいるものですからね。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog