読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

排毒症状 / パーキンソン病63歳女性

8月末に相談があった女性の排毒症状と好転反応です。

行ったこと:食事改善と七葉純茶、乳酸菌生成エキス

便秘:翌日から便通あり、2日目は1日3回、3日目は3回と、沢山のお通じあり。緑の軟便で、臭いもかなりきつい

尿:色が濃く量が増えた、10日後に少し色が薄くなってきた

発疹:顔、首、胸に発疹が出てきた。体に大きなおでき(膿あり)

目ヤニ:乾いて目が開けられないくらいの量

涙:一日中流れっぱなしの日があり

体重:1.5㎏減

感情:起伏大

f:id:wacag:20160912102330p:plain

食事改善と七葉純茶、乳酸菌生成エキスを始めて10日間での変化です。

よく質問を受けるのですが「子どもだから回復するんじゃないですか?」とか

「もう50を過ぎているんで免疫力も代謝も落ちてるので、ダメなんじゃないですか?」とか聞かれます。

しかし、この女性の変化はうちの娘と全く同じです。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

 娘との闘病記「約束」を読んでいただいた方はご存じだと思いますが

症状もタイミングも全く同じで、7歳と63歳で何ら変わりません。

人間の体は生きている間、常に健康へ戻ろうしていることが

このことで分かると思います。

闘病はまだまだ続きますが、この変化を実感したことで病気に対する意識が変わり

この意識が好転していく体を更に後押ししていくでしょう。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog