読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

大半の人が陥りやすいこと

先日、面談をした私と同年齢の男性がいます。

凄く感じの良い人で、話していても疲れない人でした。

封入体筋炎という病気だと分かって2年、症状が出始めて5年の方です。

話を聞くと病気が分かった2年前からありとあらゆることをされていました。

鍼灸治療・漢方治療・高濃度炭酸浴治療・色彩カラー療法・新脳針・分子栄養学サプリメント療法、中医学鍼治療・推掌治療・加圧トレーニング、その他多数の民間療法

かなりのお金を使い、いろんな事を試されていたのです。

しかし、何をやっても全く効果を感じないというのです。

何が病気の原因だろうと、小さい頃から現在までのお話を聞かせていただきました。

すると、発病する直前の4年間に壮絶なご苦労があり、その時期は食生活もかなり乱れていたそうです。

この記事は「病気」ではなく「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの了解の上、記事を転載しています。

普通では耐えきれない過酷な4年間、そして乱れた食生活でした。

ということは、発病の原因は明らかで、その4年間のストレスと食生活なのです。

この原因に向き合わずに、治る方法を必死で探し大金を使っても良くなりませんでした。

f:id:wacag:20160907130135j:plain

ご本人もその大切なことに気づいて面談に来られてました。

誰でもそうだと思います。

難病だと宣告されると、治る方法を必死で外に探します。

しかし、本当の原因は自分の中にあったんですね。

気づくと同時に、人は変わります。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され五年後には寝たきりになるとの宣告を受け、一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立て、走れ、自転車に乗れるまで回復・・」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                 

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。目次代わりにもお使いください。

                

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhiのブログ

waca-jhiのblogは wab's blog