読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

僕は 夏が苦手である (坂根龍我 作品 紹介№294 )

むせるような草の匂い

少し焦げたような土の香り

空には薄墨色の雲がモクモクと立ち昇り

風は少し水気を孕んで雨の匂いが鼻をくすぐる

そんな時 胸が優しく締め付けられて

悲しいほどに懐かしくなるのだ

何気無い夏の風景に

幼い日が遠く遥かな時の向こうから

少し目を細めてやって来ては

鮮やかな思い出を僕に観せていく

鉄の風鈴がチリリと鳴って

子供達の声が遠ざかり

蝉の声がピタリと止むと

f:id:wacag:20160830181859j:plain

地べたを激しく打つ 逞しい音を引き連れて 夕立が走って来る

薄暗くなった部屋の涼しさ

友達の笑い声

母の煮物の匂い

父が湯呑みを机に置く音

祖母の優しい手

兄のクレヨン画の匂い

姉のスカートの色

 このページは彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの
了解をいただき、F.B.投稿を紹介させていただいています

 しんちゃん!

おかぁちゃん!

おとうちゃん!

おばぁちゃん!

おにぃちゃん!

おねぇちゃん!

今にも さわれそうで 思わず手を伸ばして思い出の中の 優しい人達に触れようとする

でも 僕の心は虚空を掴み 今の夏が現在(いま)を見せているだけ

僕はまた独りに戻る

夏の日の夕方

子供のように甘えたくなってしまう自分を

誰かに許して貰いたくなる

僕は夏が苦手である

                

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。 

                

 坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

jp.pinterest.com

                

 

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog