読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

活性酸素と病気

リンゴを切って置いておくと色が変色し始めます。

それは、金属のサビと同じように切った断面が酸素に触れて酸素が電子を奪っていった表れです。

いわば、酸化は化学反応です。

人間の身体も酸素を取り入れているので同じように酸化します。

その流れは、酸素が体内に入ると、その約2~3%は不安定な電子があり、それが活性酸素となります。

通常2つが対になって存在している電子が、対にならず1つだけ離れて存在しているのです。

この記事は「病気」に限らず「健康」の観点で読むためにFBページ
難病克服支援センターさんの記事を転載させていただいています。

この不安定な電子が安定を求めて対になる為に相手から電子を奪います。

これが酸化です。

これが増えすぎると、細胞まで攻撃し酸化させてしまうという訳です。

なら、活性酸素は不要なのかというとそうではありません。

体内に侵入したウィルスや細菌、カビから私たちの身体を守ってくれているのです。

不要なんではなく、増えすぎると身体にダメージを与えるのです。

では、なぜ活性酸素が増えすぎるのか?

・紫外線

皮膚を守ろうと体内の活性酸素が活発化します。

増えすぎると酸化から皮膚を守るためにシミができます。

・ストレス

血圧が上がり血管に負担がかかり活性酸素を発生.

増えすぎると血管の内壁を傷つけ、傷口を治すために集まった血小板が血管をさらに狭くしてしまうことで、血流が悪化します

・喫煙

タールが肺に入ると、体内の免疫システムがはたらき、有害物質を排除しようと活性酸素が発生します。

増えすぎると肺の細胞組織が破壊、息切れや肺がんの発症リスクが高まります

食品添加物:体内に蓄積された添加物を、なんとか肝臓で分解しようとする過程で活性酸素が発生。

増えすぎると肝臓に大きな負担がかかります。

また、時間の経った揚げ物や加工食品、インスタント食品のような酸化した食べ物も活性酸素を発生させ身体を酸化させます。

f:id:wacag:20160205105152j:plain

このように現代は昔と比べて、身体が非常に酸化しやすい環境だといえます。

にも関わらず、昔ほど抗酸化物質を多く含んだ自然な物を食べていないのです。

これらが、癌患者、アトピーなど様々な病気を引き起こし、現代病、難病の増加を招いているのではないでしょうか。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され、五年後には寝たきりになるとの宣告を受け一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立てる、走れる、自転車に乗れるまで回復しました」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                            

本ブログは、ウェブで見かけた有益と思われる記事とともに以下のpinterestに貼ってあります。
目次代わりにもお使いください。

jp.pinterest.com

                           

 
《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 
waca-jhiのblogは wab's blog