読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

有機栽培と無農薬

安全な作物を選ぶとき

無農薬を頭にイメージする人が多いと思います。

そして、無農薬=有機と思いがちですが

実は、有機栽培には21種類の使用を認められた農薬があります。

ですので、有機=無農薬ではないのが現状です。

21種類の認められた農薬なら何回使用しても「有機」と言えてしまうのです。

有機栽培をされている農家を否定しているのではなく

有機栽培と言っても、様々だということです。

農薬の使用量に対する表示義務があれば消費者も選びやすいのでは・・・と

 FBページ、「難病克服支援センター」の記事を転載しています。

 例えば「有機無農薬」「有機減農薬」など消費者が選べる基準があればと思います。

f:id:wacag:20151112185734j:plain

また、有機栽培には化学肥料は使われていませんが有機肥料が使われます。

それには「動物性」と「植物性」があるのです。

動物性肥料は家畜のフンなどから作られています。

最近の家畜には大量の抗生物質を投与されて育てられている可能性があります。

ですので必ずしも安全とは言えないのが現状です。

しかし、一般の農薬や化学肥料で育てられた作物と比較すると安全であることには違いないと思います。

正しい情報を知った上で、商品選びですね。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され、五年後には寝たきりになるとの宣告を受け一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立てる、走れる、自転車に乗れるまで回復しました」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                            

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品など waca-jhi's diary  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog