読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

対症療法と三大療法

難病と言われる病気のほとんどは、慢性疾患や生活習慣病です。

現代医学、西洋医療では慢性疾患や生活習慣病に対して治すための治療はしてくれません。

これは、癌も同じです。

手術、抗がん剤放射線の三大治療で一時的に癌を小さくしても原因は残ったままです。

ですので、再発する可能性は当然高くなります。

治療の効果は、見えていた癌が小さくなったか、見えなくなっただけなのです。

腸内環境は悪いまま、血液も汚れたまま、活性酸素にまみれたままなのです。

腸内環境を整え、血を綺麗にし、活性酸素を取り除かなくては健康体に戻ることはないのです。

 

f:id:wacag:20151004110031j:plain

 FBページ、「難病克服支援センター」の記事を転載しています。

しかし、この三大療法は

免疫力を奪い、活性酸素を増幅させ、身体の機能を狂わせます。

一時的に癌を小さく見えなくする為の代償は、より癌になりやすい身体です。

どんな病気でもそうですが、医師が行う治療の目的は何なのか

それに伴うリスクを十分理解しているかどうか

自分が望む治療と一致しているのかどうか

後悔しない為には、それを考えた上で判断することが重要です。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され、五年後には寝たきりになるとの宣告を受け一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立てる、走れる、自転車に乗れるまで回復しました」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                   

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog