読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

弟子ものがたり (坂根龍我 作品 紹介№228)

彦根市の漆工芸家、坂根さんの文筆作品を楽しみましょう】

 

《過去の投稿に少し手を加えて》

弟子の頃、よく連れて行ってもらったスナックにYOちゃんはいたんだ。

ガッシリとした大柄で、パンチパーマ。

向こう傷の顔に金のネックレスとくれば、まちがいなく反社会的組織団体のご一員かと思われたのだが、話してみるとそうではなかった。

傷は車の事故だったらしく、パンチパーマとネックレスは・・趣味だったようだ。

ま、その生活ぶりもかなり怪しいモノだったが。

イブとクリスマスの2日間だけ、店で行うライブを手伝って欲しいと頼まれた事から、僕達は急速に仲良くなっていった。
ライブと言ってもそこはスナック。

紫色の照明にムード歌謡中心で、「ロック命!」だった僕にはかなり衝撃的であり、ギターはおろか、ドラム、ケーナ、ボーカルとこき使われ、

YOちゃんはと言えば、酔っ払って客と楽しんでおり、いったい誰が中心なのか判らないというシロモノであったが、

帰りに貰うデッカイ寿司折りと酒に釣られて2日間を乗り切った。

たまたま家が近かった事もあり、YOちゃんとは2人でよく呑みにも出掛けたのだが、

「お前はいつかゲージツカのセンセになるんやから、しょうもない事に金使うな。」と言って、いつも僕には全く金を使わせなかった。

その店はまだ若いママが1人で切り盛りしている、カウンターだけの小さなスナックだった。

いつも奢られてばかりでは気兼ねして嫌だ!

酒も旨くないし、友人として対等の話しが出来ない!と不服を訴える僕の言葉に、YOちゃんは腕を組み、しばらくうつ向いて、

今度は上を見上げて、何かを考えていたが、やがて

「・・わかった。」とつぶやき「・・また連絡する。」と言って呑み代を置くと、帰ってしまった。

気まずい1週間が経った頃、YOちゃんから連絡があった。

先日のスナックへの誘いだった。

仕事を終え行ってみると、果たしてYOちゃんは店にいた。

しかも何故かカウンターの向こうに真っ白のシャツを着て、満面の笑顔で立っていたのである。

「おぅ!よー来たな!お前今日からこの店タダやからな。ワシもタダや。ウヒッ!」

「・・・は?・え?ウヒッて・・」

訝る僕の目に若いママの姿が映った。

照れたようにシナを作るママに、いくら鈍感な僕でも解ってしまった!

何とYOちゃんはママとやっちゃったのだ!

で、この店に入り込んでしまったのだ!

しかも僅か1週間のうちに‼︎

「な、エエ解決方法やろ〜。これでお前もワシも気兼ねなく呑めるし、お前はゲージツに金使えるっちゅう訳や!」

したり顔で満足そうにウンウンとうなづくYOちゃんと、YOちゃんにペトっと寄り添うママを前にして、その夜僕はウィスキーのロックを5杯空け、珍しく悪酔いしてしまった。

弟子修行も折り返しに差し掛かった頃だった。

その後ボクはYOちゃんからスキューバダイビングを教わる事になった。

その日は朝から快晴!

越前の海へと潜りに行った。

YOちゃんは誠にインストラクターらしく、丁寧に、そして厳しく教えてくれた。

おかげで、最初から一緒に7m、10mと潜り、僕は海の中をまるで飛ぶように堪能したんだ。

練習が終わった後の夕日はとても清々しく、少し寂しくもあった。

2人で岩場に座って夕日を見ていると、

「内緒やど」と言ってYOちゃんは、海パンの内腿をチラとめくり、自分で彫ったという牡丹の入れ墨を僕に見せた。

いや、正確に言うと『牡丹らしき』入れ墨を僕に見せたのだった。

そして困った顔で言った。

「・・・あのな、頼みがあんねん。

お前、センセになったら、牡丹の絵、描いてくれへんかなぁ。

・・ワシ、それ彫り師に見せてちゃんと彫って貰いたいねん。

・・・アカン・・かなぁ・・・。」

入れ墨という事に少し躊躇したが、YOちゃんの顔をみていたらそんな気持ちなど消えてしまった。

「ええよ、今まだ修行中やから上手い事描けんけど、独立したらな!」

「おおっ!ホンマか!約束やど!」

YOちゃんはとても喜んでくれた。

ホントに嬉しそうな顔が夕日に照らされて、YOちゃんはどこにでもいる素っカタギの青年に見えた。

そんなYOちゃんと会えなくなったのは、僕の独立が決まって間もなくの事だった。

僕の独立を聞いたYOちゃんは何よりも喜んでくれた。

そして

独立祝いの名目により、件のスナックでYOちゃんのおかげのタダ酒を呑み、散々騒いだ後でYOちゃんが僕に言ったんだ。

f:id:wacag:20150618113924j:plain

「さ、これでおしまいや。

ワシ、もうお前とは会わん。」

「・・・は?

何しょうもない事言うてんねん!」

「いや、ホンマや。

これはもうワシが決めた事や。

お前はこれからセンセにならなアカン!

ワシみたいなモンが側におったらアカン。

つるんどったらアカンのや。

ワシ、お前の足引っ張りとうないからな。

ワシ、生き方変えられへん。

ワシ、みんな成り損ないやねん。

せやし、もうイッペン、男賭けたいねん。

これで、ワシらは、お・し・ま・いや。」

その物言い、仕草全てが芝居がかっていてちょっと可笑しかったのだが、YOちゃんは至極真剣だった。

何を言ってるんだ。またすぐに会えるさ、と僕はタカをくくっていたのだが・・。

それっきりYOちゃんはどこにも居なくなってしまった。

住んでいたアパートも引き払い、誰にも行く先は告げられていなかった。

僕の中で救いは、例のママも一緒に居なくなってしまった事だった。

2人で何処かに消えたのなら、まだ寂しくはなかったのかな、と勝手に思い込んでいる。

思えば、僕はいったいどれ程の人達に護って貰って来たのだろう。

助けて貰って来たのだろう。

過去も、今も、そしてこれからも。

YOちゃん、僕は今なら牡丹をもう描けるよ。

YOちゃんの言うゲージツカのセンセにはなれないと思うけど。

約束はまだ果たされていない。

                   

F.B.にアカウントのある方はこちらから直接ご覧になれます。 

坂根 龍我 - 携帯アップロード | Facebook 

                             

 坂根さんの作品blogは目次にも使えるピンタレストに入れてあります。いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

                             

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

 waca-jhiのblogの一望は wab's blog