waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

住吉蒔絵老松割蓋茶器 (坂根龍我 作品 紹介№166)

彦根市の漆工芸家、坂根さんの作品を楽しみましょう】

 

住吉蒔絵老松割蓋茶器


蒔絵の古典を蓋裏に意匠。
茶器は、松材を溜塗(ためぬり)してある。
 
        f:id:wacag:20140220170353j:plain
 
溜塗とは、朱色や弁柄色を塗った上から、飴色に精製された透漆(すけうるし)を塗り、下の色を透過させた塗り方で、とても上品な柔らかいイメージの塗り方である。
 
        f:id:wacag:20140220170652j:plain
 
割蓋の茶器は、蝶番で開くので、片方を開いてお点前を行う、少し面白い茶器だ。
蓋裏に蒔絵を施し、開けた時の華やかさを楽しむ。
 
        f:id:wacag:20140220170521j:plain
 
        f:id:wacag:20140220170606j:plain
着物の裏地に凝るようなイメージかな。 
                             

 坂根さんの作品は目次にも使えるピンタレストに入れてあります。いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。 

                             

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

 waca-jhiのblogの一望は wab's blog