waca-jhi's diary

笑いも涙も浄化には大きい力になるといいます。そしてカルチャーショックは気付きの第一歩、たとえ小さくても感動は行動への第一歩。

一輪挿し ラップの芯で (坂根龍我 作品 紹介№55 )

 彦根市の漆工芸家、坂根さんの作品を楽しみましょう】 
 
布目塗り 枯れ枝風一輪挿し
 
f:id:wacag:20140121210022j:plain 

使い終ったラップの芯が漆の一輪挿しに!!
 
f:id:wacag:20140121210042j:plain

ラップの芯の片方を違う紙で蓋をして、内側から下地を施し、何度か漆を塗る。
 
f:id:wacag:20140121210116j:plain

一本は、麻布(蚊帳)を糊漆で貼りつけ、一本は、下地(サビ漆)を枯れた樹木に似せて施す。
f:id:wacag:20140121210149j:plain

乾いた後、布目の方は弁柄漆、フェイク枯れ枝の方は、弁柄漆に少し黒漆を混ぜ塗っていく。
f:id:wacag:20140121210221j:plain
 
f:id:wacag:20140121210252j:plain

乾燥の後、透け漆(梨地漆)を両方に塗り、口部分と底部分にたこ糸を巻き生漆を3度程吸い込ます。
 
f:id:wacag:20140121210330j:plain
 
f:id:wacag:20140121210359j:plain
口と底に下地をして整えた後、黒漆を塗り完成!

ラップの芯の壁掛け用一輪挿しが出来た!
手元にこんな造花しかなくて残念!
 
f:id:wacag:20140121210434j:plain
可憐な生花を挿せば、けっこう粋かな(*^^*)
                             

 坂根さんの作品は目次にも使えるピンタレストに入れてあります。
いつでもどれでもお好みの作品を楽しんでください。
 

                             

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

 waca-jhiのblogの一望は wab's blog